トキワ松学園小学校

トキワ松学園小学校

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400

スペシャル授業

百合岡先生スペシャル授業  集団のコミュニケーションを楽しむための絶妙な仕掛け(5年総合「表現遊び・劇遊び」)

 小ホールに集まっての松楠合同の授業。グループごとの表現『シャッターチャンス』の授業である。これは、与えられたテーマをグループで表現するもの。例えば、学校行事の、もちつきや卒業式、授業参観、スキー教室などのある一場面の、カメラのシャッターを切る直前の静止ポーズを想定してグループで表現する。行事のイメージを膨らませて、イメージをグループで共有して、表現することをみんなで楽しんでいる。想像することが創造することにつながってゆく。しかし、いきなり、やっても場が温まっていないからうまくいかない。そこで、絶妙な仕掛けが必要となる。
 まずは、全体。心身をリラックスさせるために名前順に大きな円をつくる。普段と違って氏ではなく、名の順である。子供達の中に自然とコミュニケーションが生まれる。
 次は、その円の形での、「言うこと同じ、やること同じ」ゲーム。 ‘前へ’と言って、その通りに前に跳ぶのは当たり前。‘前へ’と言って反対に、後ろに下がるパターンなどいろいろある。やるうちに、自然と心身がほぐれて笑顔になり、全体の場が温まってくる。

IMG_6162IMG_6167

IMG_6179IMG_6189

 今度は1~8の番号を順に言わせて、同じ番号同士、黙って集合させ、グループを作る。集まる場所は決まってないし、声を出してはいけないから、指の数字や顔の表情でコミュニケーションをとろうとする。音のないコミュニケーションである。
 そのグループを温めるためのゲームは、指でのジャンケンでなく、全身を使ってのグー、チョキ、パーの「全身ジャンケン」。グループ対抗の一斉ジャンケンだが、何を出すかはグループで決めさせる。そこにグループのコミュニケーションが生まれる。そして、『シャッターチャンス』へ。
 とにかく、子供達は楽しそうである。想像と創造への誘い、一人一人が安心して自分を出し、互いを認め合える集団をつくろうとする百合岡先生の基本姿勢、そして、テンポのよい、絶妙な仕掛け。これぞ、スペシャル!

IMG_6200IMG_6206

スペシャル授業一覧に戻る

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400
ページトップへ
Copyright © Tokiwamatsugakuen All Rights Reserved.