トキワ松学園小学校

トキワ松学園小学校

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400

スペシャル授業

6年生の俳句(2学期)~<鎌倉フィールドワーク>~

6年生は2学期になると、鎌倉にフィールドワークに出かける。
これは、1学期に社会で習った鎌倉時代のまとめとして、
実際に鎌倉に出かけて歴史や文化などの一端に触れるものである。
鎌倉では午前中はグループ行動。予め、鎌倉の見学地図やガイドブックなどを使って、
行きたい場所の見どころや交通手段や交通費、拝観料までも調べておく。
安全のため、レンタルの携帯電話を各班に持たせ、要所要所で先生と連絡を取り合う。

 鎌倉と言う歴史と自然の豊かな場所であるから、句材はいろいろあるが、
やはり、大仏や長谷寺、それから、切通しや由比ガ浜の海などの句が見られた。
今回は、最初に、五・七あるいは七・五の音数で鎌倉のことを言葉でスケッチして、
後から、季語をあてはめるという方法もやってみた。
慣れるまでは少し難しいようであったが、6年生はさすがにじっくりと考えていた。
また、今回は、松グループと楠グループの二つに分けての授業だったので、ゆとりを持って指導もできた。
五音の言葉にしたいのに、三音の言葉で困ったときは、〝困ったときの<かな>頼み〟と言って
切れ字の<かな>を付けて五音にすることや、季語は一つしか使わないのが原則で、
もし季語が二つ入ってしまって、しかも季節の違う季語だと、<季違い>(気違い)と言って敬遠されるなどと言う、
俳句の世界での語録も紹介した。
また、個々の指導もやりやすかったのは少人数ならではのことである。

以下、いくつかを採り上げる。
  江ノ電の窓から見える秋の海
  由比ガ浜の波が高なる秋の海
  鎌倉の海はさわやか脈を打つ
  さわやかやサファイアブルーの由比ガ浜

  大仏で心清める赤もみじ
  大仏の体の中に秋の風
  にぎやかに大仏守るどんぐりよ
  北風の寒さにたえる大仏よ
  大仏はひんやりしていてさわやかだ
  さわやかなスターのような大仏さま

  切通しの岩にしみいる冬の音
  切通しつたのからまる秋の風
  ハイキング八雲神社のそばの花
  ぎょうざ店の鎌倉の味鳥渡る
  ホクホクといかのまるやき秋の風
  銀杏の実りざわめく高き空
  銀杏の木々もざわめく匂いかな
  迫力の長谷観音や秋深し
  ハトサブレ心残りの秋の道

          

sCIMG6696 sCIMG6697
sCIMG6701 sCIMG6703

 

スペシャル授業一覧に戻る

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400
ページトップへ
Copyright © Tokiwamatsugakuen All Rights Reserved.