トキワ松学園小学校

トキワ松学園小学校

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400

スペシャル授業

2年生の俳句(3学期) ~<音数>~

私の2年生の俳句授業の3回目。今日はお正月の俳句を作ることを話して授業が始まる。 正月の季語を音数で確認。まず五音。このまま俳句に使えて、残りの十二音を工夫すればよい。お正月、年賀状、お年玉、こま回し、鏡もち、初もうで。初笑いや初げいこなどはこんな言い方をするということを教える。

次に、四音。これを五音にするためには一音を足さなければならない。(を、が、は、の)などをつけて五音にすればよい。はねつき、書き初め、おぞうに、たこあげ、すごろくなど。三音の場合は二音を工夫して足さねばならない。ただ、最後の五音の時は思いつかなければ感動の(かな)をつけてもいい場合があることを話す。実は、巷の俳句界では、これを困ったときの神頼みならぬ、<かな頼み>と呼んでいる。例えば、(かるたかな、初湯かな)などである。

そして、いつものように、当たり前でない言い方、自分らしい言い方が大事であることを確認した後、俳句づくりへ。 子供の句をいくつかを紹介します。     

    (松組) スキーでねジャンプをしたらパパがくる

         家ぞくでは一位になったたこあげよ

         いいのかないっぱいもらってお年玉

         初なきはかんどうしてからはじまった

         かるたとりばあちゃん強くまいったな

         新年にかわるしゅんかんジャンプする

         正月はうちゅうですごしてみたいよね

         新がたのばあばといっしょにこたつに入る

         きもちいいかぞく一番初湯かな

    (楠組) こま回しひもがふとくて回せない

         こままわしつばめがえしで手にのせる

         かるた取り読んだじいじにまけちゃった

         かるた取りいとことやって勝ちました

         お正月上毛かるたであそんだよ

         おぞうにのもちもちのもち歯についた

         たこあげて天高く舞う天使のよう

         お年玉雨のようだな多すぎだ

         はつからす正月にあわぬ黒色だ

 

DSCN0006 DSCN0019
DSCN0012 DSCN0016
DSCN0013 DSCN0018

 

スペシャル授業一覧に戻る

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400
ページトップへ
Copyright © Tokiwamatsugakuen All Rights Reserved.