トキワ松学園小学校

トキワ松学園小学校

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400

スペシャル授業

校長講話(平成30年度1学期終業式) 

今年度の終業式の話は、少しコンパクトにしました。キーワードを書いたスケッチブックを見せながら話しましたので、少しは心に響いてくれたかなとも思いますが・・・。以下、ほぼ、話した通りの内容です。

・30年度1学期が今日で終了しました。担任の先生から、通知表が渡されます。よく頑張ったところ、頑張れなかったところをしっかり見つめ、きちんと振り返りをして下さい。

・私も、この1学期を振り返って、皆さんが全体的にどうだったのかなと考えて見ましたが、全体的に皆さんのいいところは、朝の挨拶ができるところです。休み時間に元気に外で遊ぶところです、外での宿泊や見学などの活動を一生懸命やるところです。そして、新聞をつくったり、作文を書いたりしてふり返りがしっかりできるところです。

・逆によくないところもあります。いまだに廊下を走る人がいます、友達に対して、嫌がる言葉を言ったり、嫌がる行動をしたりする人がいます。、授業をふざけて受ける人がいます。ぜひ、反省すべきところは反省して、よいところはさらに伸ばして下さい。

・明日から夏休みが始まります。あとで、先生からもらう『夏休みの心得』には、体のこと、遊びのこと、学習のことでしてほしいこと、してはいけないことが書いてありますので、おうちの人とよく読んで下さい。

・先生からは夏休みのことについて3つお話しします

    一つ目は夏休みにしかできないことを一つでも二つでもして下さい。1年生は初めての夏休みですね。この1年生にしかできないことを、おうちの人と相談してやって下さい。2年生も2年生の夏休みは一度だけです。今しか、この夏にしかできないことをやって下さい。あることを研究しり、なにかを作ったり、昆虫採集をやったり。他の学年も同じです。たった一度しかありませんので、今しかできないことをやって下さい。
    二つ目は、本をたくさん読んで下さい。特に物語です。先生も小学生の頃、夏休みに物語を読みましたが、自分と違ういろいろな人が出てきたり、自分に似ている人が出てきたり、最初は優しくなかった子が、あることを経験して、優しい子に変わったり、最初は心の弱い子があることをきっかけに強い心の子に変わったりと成長の物語があります。いい物語はいろいろな心を育ててくれます。
   

8月6日、9日、15日、以前にもお話ししたが、6日が広島に原爆が落とされた日、9日が長崎、そして15日は戦争が終わった日です。どうぞ、テレビのニュースに関心をもったり、戦争と平和の文学などの本や、詩集にも原爆や戦争の物はありますから、関心を持ってほしいと思います。戦争に関する短歌や俳句もあるのですよ。ここで、俳句を一句紹介します。
   まつ白なごはん八月十五日  黛執(まゆずみしゅう)

この俳句の季語は八月十五日です。私は、この黛執先生に話を聞いたことがありますが、戦争中はとにかく食べるものがなくて、いつもお腹を空かせていて、白いご飯はもちろん食べれず、お芋とかを食べていたそうです。ですから、ご飯を見ると、平和のありがたさをしみじみと感じるということでした。

画像1

・これは6年生だけですが、6年生は、特に中学受験の男子は、覚悟を決めて勉強を頑張って下さい。結局は自分のための勉強です。人のための勉強ではあり
ません。そして必ず復習の時間をとって下さい。やってやりっぱなしはだめで
す。復習をして、力を確実なものにして下さい。

スペシャル授業一覧に戻る

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400
ページトップへ
Copyright © Tokiwamatsugakuen All Rights Reserved.