トキワ松学園小学校

トキワ松学園小学校

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400

スペシャル授業

5年生の俳句(3学期)~<使えそうな季語>~

3学期の校長俳句授業トップは、5年生。5年生は、コンクール投句の俳句と小学生新聞投句の俳句2句をつくる。校庭などには出ずに、使えそうな、新年の季語と寒中の季語をプリントして配布。

IMG_0433

5年生くらいになると、実際にそのものを見ないでも、思い出してつくることも少し容易にできるようになる。どのように豊かに思い出して、その思い出したことを絡め取ることができるか。普通に掬い上げてもそれは、きっと手から零れる水のように何も残らないであろう。いきいきと思い出し、想像力を合わせることによって言葉を絡め取れるようになるのである。

 下書きの紙を配ると、あっという間に2句できる子もいれば、なかなか苦労している子もいる。俳句を作る時間は沈思黙考の時間でもあり、苦しい時もある。しかし、五、七、五がピタッとはまった時の感動、思った通りの句ができた時の感動、あの俳句の神が下りてきたような感動はその子にしか味わえない。最近、AIも俳句を作るそうだが、この感動は人間だけのものであろう。

IMG_0430 IMG_0431

 以下、今回の俳句をいくつかクラス毎に紹介する。

 

(松組)   

白い息雪みたいだよ魔法みたい

マスクはね私を守るヒーローだ

冬帽子線路のはしに落ちている

暑がりも寒さにやられコート着る

母はいつもまだかまだかと春を待つ

寒晴れの空に息かけ雲のよう

白い息電車の窓に落書きだ

快晴の空を舞いゆく初雀

 

(楠組)    

白い息出たり飛ばされいそがしい

元日に外出てみたら白いふん

初鴉元日からのゴミあさり

白い息みんな競走はげしすぎ

白息が雑煮の湯気ならいいのにな

大根煮大根サラダ大根なべ

春を待つ電線渡るサルたちだ

春を待つロゼットたちの雪げしょう

スペシャル授業一覧に戻る

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400
ページトップへ
Copyright © Tokiwamatsugakuen All Rights Reserved.