トキワ松学園小学校

トキワ松学園小学校

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400

トキワ松だより

6月からの学校の様子  ~授業・休み時間編~

6月からの学校の様子  ~授業・休み時間編~

                                校長 栗林 明弘

 

 6月1日から学校が再開して、5週目に入りました。肌寒い日があったり、不器用に晴れている日があったり、かと言えば、真夏のような日があったりと、体調を崩しがちな不安定なこの頃ですが、本校の子供達はみんな元気に登校しています。

<新しい生活様式>での学校生活が落ち着いてきた中で、本校の様子について少しお知らせ致します。前回は登下校の様子をお知らせしましたので、今回は授業・休み時間の様子についてです。

 

 広めのスペースをいつもはパーテンションで区切られている教室は、今はパーテンションを開けて広げ、片方のクラスで使っています。校庭側の窓は開け、2か所ある廊下側の教室のドアは開けっ放しにするという形ではなく、思い切ってドアは取り外しました。これによって、明らかに密閉度が低減されましたし、開放感さえ感じます。机と机の間は1メートルから2メートル以上間隔をとり、机には、透明のデスクシールド(三方を遮る飛沫拡散防止器具)を全児童の机に設置しました。もちろん、学校内では子供達はマスクをしていますが、これによってさらに飛沫を防ぐことができますし、多少の音読なども可能になります。子供達に使い心地を聞くと、少し見えにくい部分もあるということですが、「個室感がいい」とか「教科書が床に落ちなくていい」?などの感想もありました。子供達は与えられた中でよさを見つけ、楽しんでいるように見えます。各教室は冷房も使っていますが、さらに、サーキュレーターもおいて、風のない日などの空気の循環もしていきます。

 私は毎日、何回か子供たちの教室での学習の様子を見て回りますが、どの学年も集中して学習をしています。改めて、このいわゆる対面授業というのはいいなと思ってます。先生の声、息遣い、表情、子供達の声、表情、反応。この、場の空気感こそ小学校の授業なのだと思います。他の子を見て自分もがんばったり、自分の頑張りが他の子をがんばらせたり、考えや意見を出し合って深めたり広げたり、授業というのは改めて学びあう場なんだということを感じます。学ぶはまねぶ、真似して吸収するものだということ、この本来の、集団で対面で学ぶ場を大事にしていきたいと思っています。

 校庭遊びに関しては、今までは一日4回の遊びの時間をとって大事にしていました。なぜなら、小学生にとって遊びは単なる遊びの場ではなくて、学びの場でもあるからです。もちろん、今の状況ではそれはできませんが、休校期間中の遊びや運動の不足、また遊べないことからくる身体的・精神的ストレスのことなどを考えると、少しでも遊びの時間をとることが大事であるのは言うまでもありません。ただ、密を避けるために、「ボール遊びを禁止する、遊具遊びを禁止する」とかも考えましたが、それでは遊びが限られて、思いっきり遊べなくなるのではとの懸念もある中で、本校では、先生方で話し合って、遊びに大きな制限は設けずに、監督の先生を置くことによって「三密」の指導、注意していこうということにしています。今、校庭ではドッチボールやサッカーなどのボール遊び、アスレチックなどの遊具を使っての遊びなど、子供達は水を得た魚のように嬉々として躍動しています。もちろん一瞬、密になることはありますが、先生方の指導の下、全校児童の半分の登校の中での校庭遊びなので、校庭も込み合った感じもなく、また意外と距離もとりながら遊べていると感じます。校庭の監督の先生は4人ほどいますが、監督、指導もしながら一緒に遊んでもくれる先生も多く、子供達も幸せそうです。

 

群馬県出身の斎藤喜博(よしひろ、通称きはく、とも呼ばれています)という教育実践者は、1930年に教師になってから小学校長として退職するまでの39年間、教育実践者として、指導者として、授業の創造に関する多大な業績を残した人です。私も、初任の頃その著作に魅かれ、大きな影響を受けました。

その斎藤喜博は、教育の本質は子供の中から「無限の可能性」を引き出すことにあると言っています。固定観念にとらわれず、教育によって子供達の可能性を引き出していく、子供達を変えていく。その可能性を信念としてもつことの大切さを、今こういう状況だからこそ改めて思います。

今年度はいろいろな制限の中での教育活動となりますが、その中でだからこそ、創造できる新しい可能性。安全面に十分気を付けながらも、一人一人のよさを大事に、無限の可能性をひきだすことを信念に、健康、感謝、親切、努力の四つの本校の教育目標をバックボーンとして、この一年間をがんばっていかねば改めて思う次第です。

6年授業 休み時間
体育2 デスクシールド

 

トキワ松だより一覧に戻る

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400
ページトップへ
Copyright © Tokiwamatsugakuen All Rights Reserved.