トキワ松学園小学校

トキワ松学園小学校

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400

スペシャル授業

校長先生からの宿題 ~5年生~

校長先生からの宿題(休校期間中の春・夏の俳句)

~5年生~

                    IMG_1043(3)
   

4年生に続いて5年生。4、5月の休校期間中の私からの宿題は休校期間中の見たこと、感じたことを五、七、五に表現すること。

その中から、すぐれたものをいくつか学年ごとに「入選」として選びました。その中でも特によいものは「特選」としました。なお、今回はなかなか外にも出られず、季語と出会えないというということもありましたので、季語や季節感のないものも<無季(むき)俳句(はいく)>として選んでいます。

5年生は全体的に落ち着いた俳句が多く、自分の思いを静かに表現しています。

特選句について思ったことを少し。第1句目、誰しもが抱く新学期への思いを、ランドセルに象徴的に表したところがいいですね。〝出番を待っている〟と表したところに、ランドセルの置かれている姿が見えてきて、また〝待っているようだ〟としないで、〝待っている〟と言い切ったところが句を強いものにしています。2句目、風のある日のこいのぼりを見て、自然と口をついてできた俳句でしょうか。すべてひらがなにしているところも、軽快に泳いでいるこいのぼりを想像させて、いいかもしれません。3句目、甘酒は実は夏の季語。江戸時代などは、暑さに負けないように飲んでいたそうです。この句、子供の日に甘酒を飲んだことだけを言っているだけですが、その時の様子や会話が目に浮かんでくるようです。子供が甘酒を子供の日に飲んだというだけで、詩的なおかしみがあります。4句目、雨上がりに、ふと発見した光景でしょう。濁った水たまりも、時間がたつにつれてやがて澄んできます。水たまりという小さな世界に、空という大きな高い世界があるのがいいですね。この句、単に〝空〟としないで、〝空の世界〟としたところ、〝うつってる〟としないで〝うかんでる〟としたところに詩を感じます。

 

【特選】 

ランドセル出番を待ってる新学期           

こいのぼりぼくもいっぱいうごきたい         

甘酒を冷やして飲んだ子供の日            

水たまり空の世界がうかんでる            

 

           

 

【入選】

春の風体にふれるハンモック             

どこまでもさくらふぶきをおいかけて         

友達と会えず悲しい桜かな              

学校でひさびさにはく半ズボン            

校庭の桜は今年も元気かな             

あたたかい夜に見上げる朧月             

羽休め葉先に泊まる揚羽蝶               

自しゅくするもももさくらもまた来年         

負けまいとさきほこるかな桜の木           

雨上がり気持ちも上がれとにじかかる        

テレワークだまるの辛い春休み            

たんぽぽの黄色い色すら見れぬ日々          

 

スペシャル授業一覧に戻る

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400
ページトップへ
Copyright © Tokiwamatsugakuen All Rights Reserved.