トキワ松学園小学校

トキワ松学園小学校

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400

スペシャル授業

6年生の俳句(2学期) ~<句作の三か条+・・・>~

6年生の俳句(2学期) ~<句作の三か条+・・・>~

                IMG_1176
   

――「俳句は美しくなければならない」「俳句は(景色が)見えなければならない」「俳句は平明でなければならない」

 これは、映画監督でもあり、俳人であった五所平之助が【句作のための三か条】として挙げたものである。小学校最後の学年である、6年生には最初にこの言葉を示した。さらに、ずっと言い続けてきた〝自分にしかできない表現を〟ということを言い換えて「俳句は個性的でなければならない」という言葉も、これに加えて。

だれでも言えるような当たり前の言葉ではなく、頭の中であれこれと言葉を探して、自分らしい表現をする。6年生は、この5年間と数か月でどれだけの〝俳句力〟が身についたのであろうか。

いつものように裏紙を配って、句作に取りかかる。6年生はやはり、今までの積み重ねがあるせいか、作るのが早い。一気に集中して考える。‘瞬発力’があると言ってもいい。

以下、今回の俳句をいくつかクラス毎に紹介します。

 

(松組)    ドブ川でうなぎを狙う夏休み

        夏終わるサクラで歌うセミのソロ

        アオサギの湖はんにひびく声しずか

        入道雲コロナは活動自粛しろ

        祭り中止心の中でぼんおどり

        夏期講習終わりが見えない課題たち

        うっすらと夜空の川とせみの声

        ひまわりが悲しくさいてしぼみけり

        縁日で見つけた富士のかき氷

        夏休み昼は長くて夜短い

 

(楠組)    塾長と二人ドキドキ夏休み

        じゅく帰りセミの鳴く音(ね)がいとおしい

       「せみの声よけいに足を重くする

        虫たちが終わりを告げる講習会

        夕方のぬる風きたり扇風機

        夏休み太陽ギラン壁涼しい

        セミの声しぐれの様にきざみつく

        線香花火火花散る夜僕の影

        夏祭り蚊もふっ飛ばす射的場

        藍色の歴史つもった一番星

        夏休み庭に水やり虫すだく

スペシャル授業一覧に戻る

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400
ページトップへ
Copyright © Tokiwamatsugakuen All Rights Reserved.