トキワ松学園小学校

トキワ松学園小学校

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400

スペシャル授業

『大空』巻頭言

  IMG_1288
   

 今年度も、全校児童の作文集『大空』が完成しました。275名の思いや考え、〝息づかい〟が感じられる文集です。その巻頭言として、拙文を載せましたのでよろしければお読みください。

 

「だれのために書いたのですか。」  ~おうちの人といっしょによんでください~

トキワ松学園小学校校長  栗林 明弘 

 作文を書くには(かみ)が必要です。みなさんは原稿(げんこう)用紙(ようし)という紙にこの文集(ぶんしゅう)『大空』の文章(ぶんしょう)を書きましたね。その原稿用紙の文章を先生方がていねいに読まれて、まちがっている文字やぬけている文字を直したり、書きくわえたり、時には(けず)ったりして文章全体を(ととの)えてくれているのも()っていることと思います。また、その前にきっと、先生が用意された下書きの用紙に、(なに)を書こうか、どのように書こうか、文章(ぶんしょう)構想(こうそう)()ったことでしょう。「ロイロノート」を使って構想を練った学年もありましたね。今、こうして文集としてみなさんの手元(てもと)に美しい本の形としてあるのは、もちろん、印刷屋さんがみなさんの原稿を、きれいな紙に印刷(いんさつ)してくれたからです。このように、今は、いろいろな場面(ばめん)不自由(ふじゆう)なく使われているきれいな紙ですが、(むかし)はこんなに簡単(かんたん)には手に(はい)りませんでしたし、使(つか)うこともできませんでした。

 時はさかのぼって、今から千二百年ほど前の平安(へいあん)時代(じだい)に、京都(きょうと)のある一人の教養(きょうよう)ある女性(じょせい)が一つの文章を何年かにわたって書きためました。『(まくらの)草子(そうし)』という文章を書いた清少納言(せいしょうなごん)という女性です。この『(まくらの)草子(そうし)』は中学生や高校生になると(かなら)ず目にする文章ですが、最近は小学校でも中学年や高学年の国語の教科書にもほんの一部が()っていることがあります。「春はあけぼの・・・。夏は夜・・・。秋は夕暮れ・・・。冬はつとめて(早朝)・・・。」春夏秋冬の美しさで始まるこの文章は、高校生以上であれば知らない人はないというくらい有名(ゆうめい)な文章です。この文章が書かれたのは、清少納言が身の回りの世話をし、年下でありながら敬意(けいい)を強く持っていた、定子(ていし)という身分(みぶん)の高い女性からいただいた白紙(はくし)(たば)ねたものにでした。(ここらへんのことは、わかりにくいと思いますので、おうちの人に聞いてください。)たいへん貴重な美しい紙をいただいた清少納言は、定子を取りまく明るく美しい世界(せかい)(みやび)な世界、幸せな世界を言葉で(えが)き、これを定子にささげようとしたと言われています。

そのはじめの文章が「春はあけぼの・・・。」というわけです。

 さて、みなさんの作文は、だれのために書いたのでしょうか。少しオーバーに言えば、だれに〝ささげる〟ために書かれたのでしょうか。「先生が書きましょうと言われたので書いただけだよ。」とか「毎年書くことになっているから。」とみなさんは言うかもしれません。が、きっかけはなににせよ、書いているうちにきっと「先生に読んでもらえるからがんばって書こう。」とか「おうちの人にほめてもらいたいな。」などと思って書いたことでしょう。あるいは、「自分のために書いた」という人もいるかもしれません。もちろん、どれでもいいのですが、(はじ)めはぼんやりとしていたものが、書いていくうちに、読んでくれる人や読んでもらいたい人を何となく(あたま)(おも)()かべたり、その人を意識(いしき)するようになったことと思います。実は、そのことが何かを書くときにとても大事なことなのです。なぜなら、そのことがはっきりしていると、文章の内容(ないよう)がいきいきとして、読む人の心を動かすものになるからです。清少納言の『枕草子』も、それだから読み()がれているのかもしれませんね。

 あらためて、聞きます。みなさんはいったい、だれのためにこの作文を書いたのですか。 (令和二年十二月)

スペシャル授業一覧に戻る

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400
ページトップへ
Copyright © Tokiwamatsugakuen All Rights Reserved.