トキワ松学園小学校

トキワ松学園小学校

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400

スペシャル授業

2年生の俳句(2学期)

2年生の俳句(2学期)

~<拍手の反応>~

 2学期初めての校長俳句授業は、2年生。大人には冬を思わせるような天気でありましたが、2年生は薄着で元気いっぱいでした。

 まず、教室で俳句の話を。今日はちょうど朝礼の中で、飯田蛇笏の俳句「をりとりてはら
りとおもきすすきかな」を紹介しました。軽そうに見えた芒が手に取ってみると重かったという発見のこと、〝はらりとかろき〟という当たり前の表現ではなく、〝はらりとおもき〟としたところがいいところなどと話しましたので、そのことをもう一度説明しました。そして、これから出る校庭で、秋らしいところを見つけて自分だけの俳句を作ろうと話しました。

 校庭は桜の葉と、ユリノキの葉が少し色づいているくらいで、意外と秋らしさを見つけるのは難しい頃合いでした。秋晴れであれば、作りやすかったのかもしれませんが、ちょうどこの日は雨上がりの曇り空、冷え込んだ一日でしたので、くっきりと秋を感じられにくかったようです。

 そんな中でできた俳句は、字余りのもの、無季のものもあり、破調のものもありましたが、ものを見つめ、あれこれ考えをめぐらした時間でした。最後に全員の句を読み上げましたが、どの句にも拍手の反応があり、子ども達はある程度満足して授業を終えたようです。

 今日は曇り空で秋らしからぬ陽気でしたので、やや俳句が作りにくい日だったかもしれません。小学校の低学年はやはり、青空の下で俳句を作りたいものです。

 以下、今回の俳句をいくつかクラス毎に紹介します。

(松組)

おちているはっぱいっぱいおふろだね
てつぼうがとってもつめたいやりにくい
秋の池いがいにぬるい場しょもある
秋がきた木の葉の色がレモン色
秋がきた空気がキラリさわやかだ
はたけはね秋になる時はがちるよ
かんな月まつぼっくりを見つけたよ
おちばちりわかいはっぱは秋らしい
秋の池めだかがすごく楽しそう
めだかの学校水はちょっとつめたい

(楠組) 冬になりうさぎのいろが白くなり
秋すぎしおんどさひらくてつと木の
秋になりおなもみふくらみくっつくよ
てつぼうがつめたくなったよ秋の日に
赤きいろオレンジもあるおちばだな
こいの池げん気そうだな四ひきで
羽でとぶ小鳥みたいなバッタかな
めだかの目水にかかっていい気持ち
たくさんだおちばが多いすなの上
いちょうのは一ぴきのるのはありさんだ

IMG_1409  IMG_1410  IMG_1411

スペシャル授業一覧に戻る

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400
ページトップへ
Copyright © Tokiwamatsugakuen All Rights Reserved.