トキワ松学園小学校

トキワ松学園小学校

〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400

よくある質問

学生生活

1. 通学圏は設定されていますか?
通学圏、通学時間などの制限は特に設定していません。お子さんが通える範囲かどうか、各ご家庭でご判断下さい。
2. 送り迎えのルールはありますか?
新1年生は、入学後しばらく送り迎えをお願いしております。その時期を過ぎると、基本的には一人で登下校できるように指導しています。ただ、お子さんの通学範囲や時間、お子さんの様子を見ながら、一人登校の時期を延ばすこともできますので、担任の先生とご相談下さい。尚、自家用車等での送り迎えは怪我の治療中など特別なことが無い限り、ご近所に迷惑がかかりますので、ご遠慮いただいております。
3. スクールバスはありますか?
ありません。電車通学の都立大学駅からは、徒歩10分ほどで学校に着きます。この目黒通り沿いは広い歩道と信号もあります。また、目黒通り及び環状七号線のバス通学の子も、最寄りのバス停からは2分~10分ほどの時間です。
4. 下校時の安全性が心配です…。
特に、集団下校を行っているわけではありませんが、下校班といって、全校児童が同じ方面に帰る子どもたちで分けた班を作っています。下校班では年度初めに新1年生の顔を覚えるための顔合わせの会、5月に集団下校を行います。ですから、一人で帰るということは少なく、自然と何人かで帰っていますので、心配はないと思います。尚、地震等の緊急時には集団で下校させることは在りません。基本的には学校でお預かりして安全を確保し、保護者の方にお迎えにきてもらうという形をとります。
5. 下校途中に塾や習い事に行く子はいますか?
できれば、いったん帰宅して習い事等にいくことがよいのですが、時間的な問題でできない場合は、学校に届け出をして下さい。学校もそのことを共有して、お子さんの生活面や学習面をバックアップしていきたいと思います。
6. 昼食はどのようになっていますか?
給食の設備はなく、毎日お弁当を持参していただくのが基本です。ただし、体調不良などでお弁当を作ることができない日は、購買のお弁当やパンを注文することができます。
6年間のお弁当作りは大変かと思いますが、子供達が手作りのお弁当を食べる時は一番幸せそうな顔をしています。お母さん、お父さんへの感謝の気持ちも大きく育ちます
7. 飲み物はどのようになっていますか?
学校の水道水または自宅から水筒を持参して飲むようにしています。水筒の中身は水かお茶と決められています。また、昼食のお弁当時にカフェインの少ないほうじ茶を用意しています。
8. アレルギーがあるので心配です。
食物アレルギーについては、入学時のアンケートや児童理解カードに必ず記入していただいております。アレルギー対応の一つとして、普段はお弁当なので、友達とおかずを交換しないように指導しています。また、宿泊行事や校外学習で外食する場合などは、その都度、献立の内容を保護者の方に提示し、確認をしてもらって対応しています。
9. 携帯電話所持のルールはどうなっていますか。
毎年、許可制をとっています。電話会社ごとに機種を限定しており、学校に到着したら、携帯電話を担任が預かります。下校の際に返却をし、教室などで家に電話をさせています。 メールをすることはできません。
10. クラス編成はどうなっていますか?また、クラス替えはありますか?
1クラス23人前後の1学年2クラス制です。5・6年生は、それまでの2クラスを1クラスに統合しますが、ほとんどの授業で松グループと楠グループの半々に分かれます。クラス替えは3年生進級時に行います。グループ分けは6年生でも新たにします。
11. モジュール制とは何ですか?
小学校では一般的に45分授業ですが、本校では、1モジュールを15分とし、できるだけ教科の特性に合わせて、時間割が編成できるようにモジュール数を変化させて設定しています。もちろん普通の3モジュール=45分の授業がありますが、一番長い6モジュール=90分の図工の授業もあれば、一番短い1モジュール=15分の国語の授業もあります。ちなみに1モジュールの国語の授業では漢字の練習や音読の練習をします。高学年の理科では実験なども増えてきますので、4モジュール=60分の授業となります。
12. 朝は何時に登校するとよいですか?
8時15分には、生活着への着替えなどのしたくが完了するように登校してください。8時15分以降は、朝自習や読書、全校朝礼や全校集会があります。
13. 朝、登校後はどのように過ごしていますか?
朝は8時15分までに、着替えや提出物を済ませ、したくが出来た子から外で元気に遊んでいます。朝は7時40分から遊ぶことができます。
14. 下校は何時ですか。学年によって変わりますか?
帰りの会は、最後の授業が終わってから20~30分で終わります。帰りの会後に掃除当番がある場合もあります。その後、放課後遊びができ、16時が最終下校です。(低学年および水曜日は15時30分最終下校)
15. 放課後の学童保育はありますか?
放課後は「放課後NPOアフタースクール」がトキワ松の校舎内で学童保育を行っています。学年に制限はありません。最大19時までお預かりし、夏休みや冬休みなどは朝8時からお預かりします。詳しくは、ホームページをご覧ください。
16. 友達や勉強などで悩んだときはどうしたらよいですか?
小さなことでも担任の先生にご相談下さい。担任から必要に応じて教頭や校長に話が伝わり、管理職も問題を把握するようにしています。また、学校カウンセラーに相談することもできます。
17. クラブ活動はありますか?
4年生以上で、水曜日の特活の授業内に年間12回行われています。年によって一部変わることがありますが、サッカーやバスケットボール、バドミントン、卓球、理科実験、演劇や家庭科などがあります。また、4年生以上の希望者で結成される「トキワバンド」というブラスバンドがあります。1年生との対面式や親子運動会、音楽発表会などで演奏をしています。
18. 宿泊行事はどのようになっていますか?
2年生で「学校宿泊」(1泊)、3年生で「海の教室」(2泊)、4・5年生で「山の教室」(3泊)、3・4・5年生で「スキー教室」(3泊)、6年生で「自然体験教室」「修学旅行」(共に3泊)があります。春休みには、自由参加で卒業生も参加できる「蔵王スキークラブ」(3泊)という行事もあります。全般的に宿泊数が公立小などと比べて泊数が多いのも特徴です。豊かな体験活動がなされています。
19. 体験学習を重視しているようですが、どのような実践がありますか?
トキワ松では、机の上の学習だけでなく、自分で見たり、聞いたり、触ったりする学習“体験学習”を大切にしています。2年生以上で宿泊行事を取り入れているのもその一環です。体験学習の実践として、例えば、1・2年生の生活科では野菜を栽培し、育てた野菜を調理して食べたり、郵便局見学に行ったりします。3年生以上では社会科や理科で校外学習に行き、現場で見たり聞いたりする体験を重視していて、例えば、学校周辺地域(碑文谷・柿の木坂など)の町たんけん、商店街見学や商店街でのお仕事体験、制帽を作っている工場見学や浅草見学、古民家園、プラネタリウム、消防署見学、化石掘り、最高裁判所・国会議事堂見学など毎年色々な場所に出かけます。
また、学校で七輪でおもちを焼いて食べたり、自分で粘土で成形した縄文土器を校庭の大きな焚火で焼き上げたりします(野焼き)。
20. 授業のペースは速いですか?
特に先取り授業はしていません。ただし、5・6年生については、受験を意識してやや前倒しで学ぶ分野もあります。
21. 図書館には本が何冊ありますか。また何冊ずつ借りられますか?
約1万冊所蔵しています。また、学級で気軽に本を手に取れるよう、学級文庫も配架しています。図書館の本は、1人2冊ずつ、一週間借りられます。夏休みや冬休みは4冊までです。
22. 休み時間の過ごし方はどのようになっていますか?
健康等のために、晴れた日は、外で遊ぶことを基本としています。雨の日は、教室の中でトランプやボードゲーム、読書などで過ごします。体育館や小ホールで遊ぶこともあります。
23. 授業の始めと終わりのチャイムは無いのですか?
チャイムが鳴るのは、始業時刻の8時15分、中休みの終わりの10時40分と45分、昼休みの終わりの13時10分と15分、最終下校時刻の16時のみです。それ以外は、モジュール制の時間割のため、授業の変わり目のチャイムは鳴りません。
子ども達はチャイムがなくても、自分で行動することができるようになります。
24. 進級テストがあるようですが?
1年間の学習の振り返りのために、1・2年生は、漢字テスト・計算テスト・必読図書(学年ごとに10冊前後)を達成することになっています。3年生以上は、これに社会科テストが加わります。5年生以上は、理科テストが加わります。合格できないときは、再テストを受けます。
25. 英語の授業はどうなっていますか?
1年生から週1回授業があります。ネイティブの先生が6年間で、基本的なコミュニケーション能力の素地を身につけられるよう、指導しています。

入試関係

1. 早生まれは、考慮してもらえますか?
入試の内容から、特に考慮する必要はないと考えています。実際に、早生まれの子も遅生まれの子と同じように合格を決めていますので、ご心配はいらないと思います。
2. 試験当日、交通の遅れによる遅刻や急病による欠席をした場合はどうなりますか?
その状況に応じて、配慮する場合がありますが、急病等による欠席の場合は難しいところがあります。
3. 保護者面接は、夫婦でないといけませんか?
ご両親それぞれの質問を考えておりますので、できれば一緒にお願いしたいと思いますが、お仕事などの関係で出られない場合は、考慮致します。その旨を面接官にお伝え下さい。
4. 入学試験の服装はどうしたらよいですか?
特に決まりはありませんが、簡単な運動もありますので、少し動きやすい服装でお願いします。女の子はスカートでも問題ありません。
5. 入学試験に向けて、どのような準備が必要ですか?
体調万全で臨めるように健康第一に過ごしていただくことが一番大切な準備です。また、基本的な生活習慣は身につけさせておいてください。そして、お話がしっかり聞けて、友達と一緒に活動を楽しめることも大切と考えています。
6. 補欠合格はありますか?
あります。年によって数は異なりますが、補欠合格者も男女それぞれ、ある程度の人数を出します。もし、合格できなかった場合でもお待ちいただければと思います。これも年によって異なりますが、転勤などで2月に欠員が出て繰り上げ合格になったこともありました。
7. 親の転勤で転校しなければいけない場合、再入学できますか?
再入学の希望を伺い、可能な限り対応します。3年以内に復学できるかどうかを基準としています。
8. 途中編入試験はありますか?
学年の在籍数に応じて実施することがあります。その都度、ホームページでお知らせしています。
9. アレルギーがあるのですが…。
食物アレルギーの有無は試験の結果には影響しません。本校は給食ではなく、お弁当を用意してもらっていますが、入学後には様々な行事で外食の機会もありますので、入学後には詳しくお知らせください。

その他

1. PTA活動は、どのようなシステムですか?
トキワ松学園小学校ではPTAのことを「母の会」と呼んでおり、小学校6年間で1回、役員を担当していただきます(輪番制)。役員には、運動会やおもちつきなどの親子行事の際にお手伝いをしていただいたり、年8回程度の会の準備をしていただいたりしています。また、小中高の学園全体のPTAもありまして、「学園会」と呼んでいます。広報、厚生、文化、バザーなどの活動においての役員を小学校も担当しますが、こちらの方は輪番ではなく、学年の中から進んで担当をしていただいております。
2. 保護者が参加する行事にはどのようなものがありますか。
授業参観が春と秋に1回ずつあります。春と秋にある親子読書週間では、各クラスで読み聞かせのボランティアをお願いしています。一年を通じて、図書館ボランティアも募集しています。また、学園会バザー(7月)と親子運動会(10月)とおもちつき(12月)は土日の行事なので、毎年大勢の保護者の方にご協力いただいています。バザー、お餅つきなどでは、特にお父様の御協力もいただいております。
3. 保護者会(懇談会)はどれくらいの頻度で開かれますか。
1学期に3回、2学期に3回、3学期に2回の年間8回あります。各学年ごとに1時間半程度、平日に行われます。懇談会では、日ごろの子どもたちの様子や課題をお話ししたり、学習の仕方や行事の連絡など大切なお話をします。お仕事をされている方には平日開催で申し訳ありませんが、ご都合をつけて参加していただけるようお願いしています。尚、懇談会の日程につきましては4月に担任より1年間の予定が出されます。
4. 共働きなのですが対応できるでしょうか?
共働きのご家庭はたくさんいらっしゃいますし、年々増えています。年8回の懇談会の予定は年度初めに一年分お伝えしており、4月分の懇談会は前年度のうちにお知らせするようにしています。なお、春と秋の授業参観、親子運動会、おもちつきの行事は土曜日に行われています。その他、学年ごとに球技会や学習発表会を平日に行うことがあります。また、けがや病気でお迎えをお願いすることもあるので、その点はご了承ください。放課後は、同じ校舎内で「放課後NPOアフタースクール」が19時まで利用できますので、ぜひご利用ください。
5. 卒業生の進路はどうなっていますか?
ホームページや学校案内の進路指導・合格校一覧をご覧ください。それぞれが6年間で培った力を発揮して、自分に合った学校に進学しています。
6. 女子は必ずトキワ松学園中学校へ進学しなければならないのですか?
原則として、トキワ松学園中への進学することになっています。小学校と中高とは同じ敷地内で、校舎もつながっていますので、トキワ松学園中学校に進学するよさがいろいろありますし、何よりも大事な安心感が得られます。小学校の先生方にとっても、卒業しても子ども達の成長を応援したり、見守ることができますので、うれしいことです。ただ、最終的には個々の希望も聞きながら、先生、子供、保護者とよく話し合う中で、その子にとって一番よい選択をするようにしています。
7. 進学指導や進路指導はどのようになっていますか?
5年生から進学体制に入ります。年間6~8回くらいの業者テスト(首都圏入試を踏まえた内容のテスト)を国算(.6年は理社も)を授業の中で行うことによって、中学入試全般に対応できる力をつけていきます。女子に関しても、トキワ松学園中学で自信をもって活動できるように男子と同じようにやっていきます。また、普段の授業の中でも、中学入試を意識した内容に触れたりもします。進路指導は、男子は進路のための懇談会を開いたり、主に6年生の中での面談やいろいろの相談の中で行っています。女子は中学年からの、トキワ松学園の中高の先生方による内部向けの説明会を通して行っています。
8. 台風や地震など災害時の対応はどうなっていますか。
目黒区で警報が出た場合は、休校となる場合があります。天候によっては、登下校の安全を考え、登校時刻を遅らせたり、下校を早めたりすることもあります。登校後に地震が発生した場合は安全が確認できるまで下校させずに留まらせます。また、各家庭の「登下校時に被災した場合の約束」を通して対応についての確認を学校としています。尚、緊急時の連絡は、EMC(エマージェンシーコール)を利用しています。
9. 緊急時の連絡はどのように入りますか?
EMC(エマージェンシーコール)というものに全員登録してもらい、悪天候や災害時の休校や早下校の連絡、行事の実施または延期などを一斉に連絡しています。メールと電話番号が登録できます。また、このシステムは、教職員側で、連絡が全員に確認してもらえているかのチェックができるようになっています。
トキワ松の教育
学校たんけん
進路指導について
トキワ松だより
2014年学校案内 電子パンフレット
よくある質問
アフタースクール
トキワ松のいちねんせい
はじめの1年間
1年生の1日
スペシャル授業
〒152-0003 東京都目黒区碑文谷4-17-16
TEL 03-3713-8161(代) FAX 03-3713-8400
ページトップへ
Copyright © Tokiwamatsugakuen All Rights Reserved.